交差点が一番大切!運転注意点

自動車とバイクと自転車と人、それらが複雑に交わる交差点とその付近は、もっとも交通事故が起こりやすい場所です。統計によると、人身事故の約6割、死亡事故のうち約4割から5割がそういった場所で発生しているとのデータがあります。このような情報からだけでも、車を運転する際にもっとも気を付けないといけない場所であると断言できるでしょう。
そんな危険な場所、特にどういった点に注意点があるでしょうか。特に危険な右折と左折に絞って特に注意すべき点をあげてみます。
まずは左折の際です。左折するときに起きる事故で多いのが後方からくるバイク、自転車等の巻き込み事故です。この巻き込み事故を起こさないためには、左折するときにルームミラー、サイドミラー、直接の目視という3点確認が非常に大切です。特にこれらの相手は死角に入りやすいため、最後の目視も確実に行いたいものです。
次に右折です。右折の際にはまず反対車線の直進車に気を付ける必要があります。もちろん対向車が途切れるのを待つわけですが、この際に気を付けるのが車間です。停まっているこちら側から見ると十分な距離が空いているように見えても、移動する相手側からは急に右折車が近くに出てくるように感じます。大丈夫、と思うぎりぎりよりも余裕を持った距離を見て動くことが肝心です。また、対向車ばかりに気を取られて右折先の横断歩道に目がいかず、右折しながら横断歩道を確認する方が見受けられますが、このような確認方法では、横断者がいた場合に途中で立ち往生してしまうことが考えられます。右折の際は対向車だけではなく、横断歩道も十分に確認した後、発進しましょう。